ウェディングドレスクリーニングは全国宅配DEAドレスクリーニング工房

ウェディングドレスは、クリーニングのデア

1点1点手作業だからできる丁寧なウェディングドレスクリーニング

クリーニングのデアは、素材にあわせて丸洗いクリーニング、特殊染み抜きなどのクリーニング技術を用いて、繊細で難しいウェディングドレスクリーニングを行い、ドレス本来の色、風合い、をよみがえらせます。

熟練のスタッフによる、ウェディングドレスの手洗いクリーニング

ブライダル衣装・アパレル衣装・ダンス衣装など専門スタッフが数多いチェック工程ごとに一つ一つ丹念に汚れを落としていきます。

ドレスクリーニングのプロフェッショナル

クリーニングのデアはドレスクリーニングのプロ。シルクのウェディングドレスやしわ加工、オーガンジーなど特殊なドレスも取り扱っております。繊細なフラワー、ビーズ、スパンコール、レース、刺繍等がついていましても、お任せ下さい。

ウェディングドレスリメイク

ウェディングドレスに精通したスタッフがリメイク、修理も承ります。

ウェディングドレスのリメイクについて、裾あげ、ウエストの調節等、ウェディングドレスのリメイクも致します。ご相談下さい。

ドレスの宅配クリーニング

クリーニング後ウェディングドレスは専用のケースで指定の場所にお届けいたします。ウェディングドレスの真空パックもおススメ。

北海道,青森,岩手,宮城,秋田,山形,福島,東京,神奈川,埼玉,千葉,茨城,栃木,群馬,山梨,新潟,長野,富山,石川,福井,愛知,岐阜,静岡,三重,大阪,兵庫,京都,滋賀,奈良,和歌山,鳥取,島根,岡山,広島,山口,徳島,香川,愛媛,高知,福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島,沖縄, 札幌市,仙台市,さいたま市,千葉市,横浜市,川崎市,岡山市,相模原市,新潟市,浜松市,静岡市,名古屋市,京都市,大阪市,堺市,神戸市,広島市,北九州市,福岡市, 足立区,荒川区,板橋区,江戸川区,大田区,葛飾区,北区,江東区,品川区,渋谷区,新宿区,杉並区,世田谷区,墨田区,台東区,中央区,千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,三鷹市,武蔵野市, さいたま市,川口市,鳩ヶ谷市,戸田市,大宮,浦和,川越,所沢

ウェディングドレスクリーニングの価格

ウェディングドレスクリーニングの価格はドレスの型、トレーン、素材、付属品ごとに設定。

シンプルなドレスは料金もシンプルでお得な価格。

ウェディングドレスクリーニングの価格

ウエディングドレスクリーニング料金

ウエディングドレス真空パック

ウエディングドレスのクリーニング工程

ウエディングドレスクリーニングTOPへ

ウェディングドレスクリーニングの全国宅配

ウェディングドレスクリーニングのデア


ウエディングドレス Aライン

ウエディングドレス Aライン アルファベットの「A」の形に裾に向かってスカートが広がるシルエット。
プリンセスラインと違って、スカートのボリュームを抑え気味にしたスカートは狭い会場でも動きやすくレストランウエディングなどに向いています。ウェディングドレスクリーニングの注文の多くがAラインドレスであることからも、人気の高いドレスです。着る人を選ばないだけでなく、式場もあまり選ばない万能的なドレスなので、デザインも豊富にそろっていることが多いようです。装飾やスカートの広がりのボリューム、裾の長さなどによって、カジュアルにもエレガントにもなるドレスです。最近ではAラインのドレスにもスカート内部にボリュームを与えて、Aラインとプリンセスラインの中間のようなものがあります。
■Aライン クリーニング料金 8,400円
■ボリュームのあるAライン クリーニング料金 10,500円
シルク素材はプラス4,200円

エンパイアライン

ウエディングドレス エンパイアライン バストのすぐ下で切り替え、スカートが流れるようにまっすぐなラインをもつスタイルのドレス。ギリシア神話の女神が着用しているような形でクラシカルな雰囲気を醸し出します。これは古代ギリシャ、ローマ時代への古典趣味から、18世紀末のフランスで生まれたデザインです。もともとは過度の装飾を嫌い、薄い絹やモスリンなどのやわらかで透け感のある生地で作られたシュミーズ・ドレスで、これをナポレオン1世の皇妃ジョセフィーヌが好んで着用していたことからエンパイア・スタイルと呼ばれるようになりました。マリーアントワネットも好んで着ていたスタイルのドレスです。
■エンパイアライン クリーニング料金 8,400円
■ボリュームのあるエンパイアライン クリーニング料金 10,500円
シルク素材はプラス4,200円

ウエディングドレス マーメイドライン

ウエディングドレス マーメイドライン マーメイドラインは、上半身から膝くらいまでぴったりとしていて裾にギャザーやフレアを入れて、裾が広がったデザインのドレスのことです。人魚のような美しいカーブを描いたエレガントなライン。マーメイド(人魚)の名の通り、女性ならではの柔らかく美しいラインを 作り出し、大人の女性の魅力を引き出すエレガントなシルエットで、ウェディングドレスなどでは定番になりました。上半身から膝くらいまでぴったりとしていて裾はフレア状に広がっているためウォーキングがとても美しくみえます。特にソフトマーメイドラインは、予想以上に体型をキレイに見せる効果があるので、最近とても人気があります。
■マーメイドライン クリーニング料金 8,400円
シルク素材はプラス4,200円

ウエディングドレス プリンセスライン

ウエディングドレス プリンセスライン プリンセスラインとは、縦の切り替え線によって上半身がウエストまでフィットし、腰から裾にかけて、チュチュと呼ばれるギャザーやフレアーでふんわりと広がったドレスのことです。多くの人がウエディングドレスと言えば連想するのがこのシルエット。どんな体型もカバーしやすく、ウエストラインをほっそり見せてくれます。オーガンジー・サテン・レースなどいろんな素材が使われデザインもバラエティ豊か。パニエ部分がドレスの中に組み込まれているものと、別になっているものがあります。パニエの量でスカートのボリュームを調整します。他のタイプのドレスと違って、生地のボリュームが圧倒的に多いので、クリーニングも大変です。中にはトレーン(引き裾)部分が2メートル以上のものがあり、自然乾燥で背の高い物干しポールに干されたドレスは壮観です。
■プリンセスライン クリーニング料金 10,500円
シルク素材はプラス4,200円

ウエディングドレス スレンダーライン

ウエディングドレス スレンダーライン スレンダーは「細い」の意。身体のラインに沿って全体のシルエットが細く、ストレートなドレスをスレンダーラインドレスと呼びます。別名として「ペンシルライン」と呼ばれることもあります。スレンダードレスは、背の高い人によく似合い、特にその美しさを引き立たせるといわれます。ドレスの中にペチコートをはかないので着やすさ、歩きやすさが人気でもちろん背を高くすらりと見せてくれます。体型をカバーするシルクやレースなど柔らかい生地を使ったものが人気。
胸やヒップに肉付きのいい方も、ふくよかで女らしいシルエットが出ます。大人の女性を演出します。スレンダードレスは、普段の洋服と近いドレスのため、着た時に動きをあまり制限されません。そのため、レストランウエディングなど、花嫁さんがよく動かれるウエディングの時にぴったりです。
■スレンダーライン クリーニング料金 7,400円
シルク素材はプラス4,200円

ウエディングドレス ベルライン

ウエディングドレス ベルライン ベルラインとは、その名の通り、スカートのシルエットが釣鐘のようなデザインになっているドレスです。プリンセスラインと非常に形が似ていますが、プリンセスラインよりもボリュームは控えめです。 ウエストの切り替え位置よりギャザーをよせ、裾にかけて広がりをもたせたドレスをベルライン、切り替えの無いものをプリンセスラインと呼びます。スカート部分にギャザーがたっぷり寄って、釣り鐘(ベル)の様にスカートが膨らみ、裾までまっすぐ落ちていくラインのことです。裾のボリュームはプリンセスラインより少ないのですが、可憐で可愛いイメージになります。
■ベルライン クリーニング料金 10,000円
シルク素材はプラス4,200円
トレーン(引き裾)
トレーン(引き裾) トレーンとは、ドレスの「引き裾」のことです。後ろに長く引きずったスカートの裾部分をトレーンと呼びます。トレーンの長さは、トレーン部分がほとんどないものから、3m以上ある長さのトレーンものもあります。ロングトレーンは、エレガントな印象になり、ヨーロッパの貴族では長ければ長いほど身分が高いとされていました。また、トレーンは、式が終わったら動きやすいように取り外せるものもああります。バッスルと言って腰の辺りにひだを寄せて、長さを短くできるトレーンもあります。
ウェディングドレス ベール
ベール ベール(veil)は、チュールレースなどの薄い布で作られたもので、女性の顔や頭を覆う薄い布やネットのことをいいます。結婚式や披露宴などでベールを着け、顔を隠します。和装の角隠しと同じ意味を持つものです。披露宴ではベールを付けないのが欧米のルールです。 最近人気のあるのがマリアベール。聖母マリア様がお召しになっていたベールから付けられた名前で、頭にかぶるベールです。顔の前にたらしません。長さは50センチほどのものから、3メートル以上のものまで、様々ですが、ドレスによって、似合うベールが違ってきますので、長さや色など、ご自分に合ったものを選びましょう。
★ベール(ヴェール)料金
50㎝未満 50㎝~1m 1m~1.5m 1.5m~2m 2m~3m 3m以上
1,000円 2,000円 3,000円 4,000円 5,000円 5,000円~
 
ウェディングドレス パニエ・ペチコート
パニエ・ペチコート パニエとは、スカートを広げる目的の張りのある素材で作られたアンダースカートのことです。パニエの大きさ次第でスカートのボリュームを自在に出すことができます。18世紀ヨーロッパの婦人がスカートを広げる為に使っていた腰枠形式のアンダースカートをパニエと言いました。パニエとはフランス語で「かご」「バスケット」という意味です。ペチコートと呼ばれることもあります。チュール生地を幾重にも重ねたり、ボーン入りのものなど様々な長さや形があります。
昔は鯨の髭を使い、非常に高価なものだったそうです。現在は、ワイヤーを使い、軽くてたためる便利なパニエが市販されています。ワイヤーは簡単にはずすことができます。ワイヤーが付いたままでは洗えませんので、クリーニングに出すときは、はずしてお出しすることをお勧めします。
★パニエ・ペチコート 料金2,700円
ウェディングドレスビスチェ
ビスチェ ビスチェとは肩紐のないキャミソール型のトップのことです。フランス語でBustier、ブラジャーの意味です。
もともとはストラップ(肩紐)のない、丈の長いブラジャーの事を指しますが、現在ではストラップのないキャミソールの事も含めて、ビスチェと言います。体にピッタリとしたデザインです。本来は肌を見せないのがいいとされるウエディングドレスでも、ビスチェに上着を着て挙式に、披露宴ではビスチェで大胆に、という着こなしもできます。
★ビスチェ 料金2,100円
ウェディングドレス ボレロ
ボレロ ボレロ(bolero)は、ウエストより丈の短いジャケット。元々スペインの闘牛士が着ている上着のことを言います。
衿がなく、ボタンや打ち合わせが無く前をあけて着るのが特徴です。袖つきのものと、袖なしのものとがあります。
ウエディングシーンでは、ビスチェなど大胆に肌を見せるデザインの場合、教会での式は、肌を見せないのが基本ですので、ドレスの上にボレロを羽織って、着こなすことが多く、レースのボレロを取れば、下はシンプルなビスチェタイプのウェディングドレス。レースのボレロがあるのと、無いのでは全くイメージが変わります。
★ボレロ 料金2,100円
手袋(グローブ)
手袋(グローブ) 教会挙式では「肌を出さない」というしきたりがありますので、挙式では必ず手袋を着用します。
もともと正式なものは肌の透けない白い革でしたが、ほとんどがレースやチュール、サテンなど、ドレスの生地に合わせたものがほとんどです。最近では指先を美しくしなやかに見せるフィンガーレスグローブが、人気を呼んでいます。結婚式の指輪交換や披露宴のお食事にもグローブをご着用のまま、過ごすことができます。丈の長さは「手首・ミディアム・ロング」のサイズがあります。
★手袋(グローブ)ロング/ショート 料金1,600円/ 1,100円
スパンコール・ビーズ
スパンコール・ビーズ スパンコールは、金属製、またはプラスチック製の薄い小片で、光を反射するのが特徴です。ビーズは小さなガラス玉やプラスチック玉に細い穴を開け、糸を通せるように加工されたもの。ダンスドレスはガラス製のものを付けるので、ストーンと呼ばれています。スパンコール、ビーズは、形もサイズもさまざまですが、中央の穴に糸を通して衣服などに縫いつけます。 両方とも光を受けてキラキラ輝き、ドレスをより華やかに見せてくれます。 ドレスの布面全体にビッシリと、まるで鱗のように縫い付けられているものもあり、夜、明かりの下に立つとゴージャスな美しさを表現できます。
★スパンコール・ビーズ 追加料金1,000円~2,000円 ※量により判断致します
 
タキシード
タキシード 男性用の夜の礼服で、ディナージャケットともいいます。黒い蝶ネクタイを用いるため、ブラック・タイとも呼ばれることもあります。テールコート(燕尾服)との違いは、背中の裾を短く切り落としている点です。ニューヨークの「タキシード公園クラブ」で、全員が燕尾服の中、ある人物が赤いスモーキングジャケット(プライベートで着るリラックス用のジャケット)を着てきたことからはじまったといわれています。コート(ジャケット)は背広型で、通常のスーツと違いは、襟の部分を艶のある綾絹で覆ったことと、部屋着が発祥のため、ポケットのフラップがない、そしてくるみに似た質感のボタンを用いることです。スラックスにも、側線に綾絹の飾りがつきます。蝶ネクタイ、ベスト又はカマーバンド、サスペンダー、ウィングカラー(立襟)のシャツ、スリーピークスに折ったポケットチーフと組み合わせるのが正装とされています。
★タキシード(上下セット) 料金4,300円
  ベスト付きはプラス800円
モーニングコート・フロックコート・ディレクターズスーツ
モーニングコート・フロックコート・ディレクターズスーツ モーニングコートは昼間の第一礼服。別名カット・アウェイ・フロックコート。
上着は黒又はグレーのモーニング型、中には上着と同色のベスト、これに縞のズボンを合わせます。モーニングの略装がディレクターズスーツとなります。朝の散歩服として作られたモーニングコートは基本的には夜間には着用しないことになっていますが、昼の結婚式後、披露宴が夜になってしまう場合もあり、モーニングコートのまま披露宴に出ることもあります。
★モーニング(上下セット) 料金4,300円
  ベスト付きはプラス800円
燕尾服
燕尾服 燕尾服(えんびふく・Tail coat)は男性の夜の正礼服の一つ。すそが燕の尾のようなので、燕尾服と呼ばれるようになりました 。白い蝶ネクタイを用いるので、ホワイト・タイとも呼ばれます。公式の晩餐会をはじめ、格調高い結婚式や披露宴、それに準じる舞踏会・音楽会・着席型のパーティなどで使われます。オーケストラ等の指揮者、演奏者、社交ダンス大会などで使われることも多く、近年ウェディングでは、タキシードに活躍の場を奪われつつあります。
★燕尾服(上下セット) 料金4,300円
  ベスト付きはプラス800円

▲上に戻る

ウエディングドレスクリーニングのご注文

お取り扱い商品

  • 女性用 ウエディングドレスクリーニング
  • 女性用 ウエディングドレスクリーニングのオプション
  • ウエディングドレスクリーニングの真空パック
  • 男性用タキシード燕尾服クリーニング
  • ドレスクリーニング料金表
  • ドレスの種類
  • ドレスの素材
  • ウェディングドレスクリーニング工程
  • ウェディングドレスクリーニングお客様の声
  • ウェディングドレスクリーニングよくある質問

お問い合わせ

会社案内
ウェディングドレスクリーニングご了承事項
ウェディングドレスクリーニング事故補償制度
プライバシーポリシー
ブログ:華麗なるドレスのささやき

選べるお支払い方法

  • ■各種クレジットカード
    クレジットカード
  • ■銀行振り込み
    楽天銀行
  • ■郵便振替
    郵便振替
  • ■代金引換(代引き)
    佐川急便代引き