もしもドレスに口紅が付いてしまっても、大丈夫!たいていのシミは落とすことが出来ます。


dress_kuchibeni
ファンデーションや飲食物のシミに比べて、ドレスに口紅がついてしまう事は稀なケースではあります。
でも、もしも何かしらのアクシデントが起きて付着してしまったら、、、。そんな時も、すぐに応急処置をとれば落とすことは大いに期待が持てます。

シミを落とす際は、”シミを溶かす”作業から行います。
洗剤を垂らしますと、シミに変化が見られます。
これは”シミが動く”とも呼び、変化があることを指します。
シミが動いてきたら、取れる可能性があると考えます。動かない場合は、別の方法を考えます。
変化が見られましたら、ブラシで優しくこすります。この作業工程で大抵の汚れやシミは改善できます。

ここで、ちょっとした豆知識になりますが、
結婚式の会場などでワインなどをこぼしてしまったときは、式場の係員に台所の中性洗剤、濡れたタオル、乾いたタオルを持ってきてもらいましょう。
濡れタオルで汚れてしまった箇所を濡らし、中性洗剤をつけてたたきます。
最後に乾いたタオルでたたき、乾かします。

この方法を行うことで、何かアクシデントが起きた際も応急処置をとる事が出来ます。
つまり、大抵のシミはすぐ取ることが出来るというわけです。
それでもシミが残ってしまう場合は、やはりドレスクリーニングに出すことをおすすめします。
汚れの気になる部分や見えない部分の汗汚れもきれいに丸洗いを行います。