式場では土足のカーペットや記念写真で外に出れば油と泥の混じったような物が付着します。中には草木の緑色のシミがついていたりします。白い生地に黒い汚れがつけばそれを除去するのは容易ではありません。


ウエディングドレスのクリーニング
検品の大切さとクリーニング

IMG_3434b

クリーニングの作業は検品で始まって検品で終わると言います。最初の検品は、お客様から届いたウェディングドレスが、どういう状態であるのかをチェックする。汚れがどのようにあるのか、ほころびやファスナーは正常か、破れなどがないかどうかを細かく見ます。そして状態によってクリーニング工場、修理部門に指示を出す役割を担っています。

IMG_3451b

まず宅配便で送られてきたダンボールからウエディングドレスを取り出します。

IMG_3437b

ウエディングドレスはいろいろな種類とたくさんの生地を使って作られていますので、チェックする箇所はたくさんあります。
まずはスカート部分を見ます。これは花の中にストーンをあしらったカワイイスカートです。

IMG_3445b

裾の部分がずいぶん汚れています。

IMG_3447b

それもそのはず花嫁は地面に引きずって歩きますから、どうしても汚れます。スカートの後ろの引きずる部分はトレーンといいますが、ウエディングドレスはこの裾を引きずっているから優雅なスタイルになるのです。

IMG_3448b

DEAドレス工房では、このトレーン部分を重点的にクリーニングしてキレイにします。
他のドレスクリーニング店とのクリーニング技術の差はここにあります。
式場では土足のカーペットや記念写真で外に出れば油と泥の混じったような物が付着します。中には草木の緑色のシミがついていたりします。白い生地に黒い汚れがつけばそれを除去するのは容易ではありません。

IMG_4591b

DEAドレス工房の洗い場では、ドレスの裾部分を様々な方法で除去します。徹底してきれいにしなければ、せっかくの白いドレスの申し訳ないと思います。

IMG_3429b

IMG_3430b

トレーン部分の長さをメジャーで計ります。ウエディングドレスのトレーン部分をキレイにするという意味で、引き裾の長さによってドレスクリーニング料金が変わってきます。

IMG_3455b

検品の次のチェックポイントは、上部の襟周りです。

IMG_3456b

ファンデーションの汚れが目だちます。花嫁のメイクには体のシルエットを美しく見せるためにファンデーションが欠かせません。そのためどうしてもファンデーションがドレスに付着します。
これもDEAドレス工房の洗い場で徹底して除去します。

IMG_3457b

そして付属品などのチェックをしてドレスクリーニング前の検品は終了して、クリーニング工場に運ばれます。

IMG_3472b

ウエディングドレスクリーニング料金はこちら