DEAドレスクリーニング工房の水洗いはウェディングドレスに限らず、すべて100%の天然石けんを使用します。 石けんは動植物の天然油脂から作られるので、人の汗や皮脂などになじみやすくその汚れがよく取れます


手洗いが基本!ウェディングドレスクリーニング

画像 099b

これはスレンダータイプのドレスです。
他にもウェディングドレスのタイプは、Aライン、プリンセスライン、エンパイア、マーメイドラインなどの種類があります。

20110225 105b
DEAドレスクリーニング工房には、様々なドレスが入荷してきます。

ウエディングドレスクリーニングはすべて手洗いしますので、どんな種類、タイプのドレスも、特殊なものも対応できます。

DSC_1292b

20110225 106b

ウェディングドレスの付属品には、コサージュ、ベール、髪を飾るボンネ、手袋、靴、ケープなど様々な付属品がありますが、ドレス本体にも華麗なビーズやスパンコールや複雑な刺繍が付いています。
これらは洗浄機のような機械洗いではうまくいきません。すべて一点一点手洗いで洗うことで、キレイにすることが出来ます。
付属品の中には、ガードルやショーツなどもクリーニングされるお客様がいらっしゃいます。

b_a 005b

これは災害にあった方からのご注文のドレスです。浸水したのでしょうか泥をかぶってしまいました。思い出のあるドレスなのでキレイにして欲しいとの依頼で、特別那処理をしてクリーニング洗浄をさせていただきました。
下の写真がクリーニング後の写真です。

after 001b

b_a 007b

オレンジ色のシミがウェストまわりについています。何のシミなのかわからないので、しみ抜き方法は、シミの中味を想定して始めます。
いろいろな方法を試してキレイにさせていただきました。

after 002b

DSC_5131b

DEAドレスクリーニング工房の水洗いはウェディングドレスに限らず、すべて100%の天然石けんを使用します。
石けんは動植物の天然油脂から作られるので、人の汗や皮脂などになじみやすくその汚れがよく取れます。逆に合成洗剤は石油カスから作られるので、ヒトとの融和性がないのでで、洗浄力が弱いのです。

IMG_5619b

さて、ウェディングドレスのクリーニングの手洗いは、洗い槽で泡立てた石けん溶剤につけることから始まります。
ウエディングドレスクリーニングのアクアシャワー技法です。
石けんは人の体に刺激がないので、刺激の強い合成洗剤のような肌荒れやアレルギーを引き起こすリスクはありません。

この石けん溶剤につけるだけで、汗や皮脂などが溶解してきます。DEAドレスクリーニング工房の洗い方のポイントは、繊細なドレスに負荷や刺激を与えないで、キレイに洗浄するという方法です。

IMG_5607b

ウエディングドレスのスカート部分、トレーンの裏側は、地面に引きずられることでひどく汚れます。
汚れは黒くなっていたり、茶色だったり様々です。ワックス掛けされた廊下や記念写真でついた泥汚れなど、中には緑色のシミもあります。芝生の上を歩きまわったのでしょうか。

IMG_5608b

IMG_5636b

こうした汚れは、石けん溶剤で柔らかいブラシで軽くブラッシングすると、驚くほど取れてきます。

IMG_5643b

IMG_5645b

IMG_9448b

洗い終わると軽く脱水して、自然乾燥します。脱水機などの機械を使用しません。だから乾くのに時間がかかります。
自然乾燥が何故よいかというと、乾燥機の中でかき回さない、それはドレスの生地に負担がかかるからです。そして乾燥機は熱を掛けます、繊細は素材は熱に弱いからです。

IMG_9658b

ウェディングドレスのアイロン仕上げはもちろん手仕上げです。複雑なシルエットや素材や付属品がいろいろなものが使われているので、手アイロンでしかできません。

IMG_9670b

業務用アイロンは、ボイラーで作られる蒸気の圧力を微妙に調整しながら、ドレスのシルエットを作っていきます。ちょっとした職人技が必要となります。

ウェディングドレスのクリーニング料金はこちら