ドレスの修理、リフォーム

12,000円以上のご注文で往復送料無料
目次

ウェディングドレスのほつれ、破れ 

修理部門

こちらは修理部門。挙式中にトレーン(引きすそ)を踏まれて破れた、 どこかに引っ掛けてしまって、縫い目がほつれたなどのことは多くあるようです。

ちょっとしたほつれなどの応急処置は手縫いで行います

修理部門の縫子さんが、ちょっとしたほつれなどの応急処置は手縫いで行います。 お客さま気づいていないちょっとした破れやほつれは、お客様の了解を得て無料サービスで修理を行っています。

専用のミシンで修理

ミシン目のほつれや破れは、専用のミシンで修理します。

破れやすいオーガンジーやチュールなどの修理

破れやすいオーガンジーやチュールなど、大きな破れのある場合、スカートの幅が大きく広がっているものは、一度縫い目にハサミを入れて、つまんで縫い直す作業をします。修理のあとはわからなくなります。スカートの生地が足らない場合は、同じ生地を調達して縫い直します。デザイン的にも適切な縫製となります。作業が複雑になりますので、有料となります。

レースのほつれも、細かい作業で修理

引きずる裾のトレーン部分のレースは、地面に擦れたりしてほつれを起こすことがあります。 レースのほつれも、細かい作業で修理していきます。

レース部分が大きく破れた場合はレースを縫い直します

レース部分が大きく破れた場合は、一度解いて形をととのえ、レースを縫い直します。 これらは、通常の修理でも高い技術が必要なもので、ウェディングドレスのリメイクを行っているデザイナーズ工房リアンジェのスタッフが支えています。

ドレスクリーニング、修理、リフォームの疑問、ご注文全般の疑問等ございましたら、よくあるご質問をご覧ください。

0120-890-861

電話受付時間9:00-18:00