マーメイドラインのウェディングドレス


mamade人魚のような気品あるマーメイドライン

マーメードラインのウェディングドレスは、人魚をイメージしたようなデザインが特徴です。
上半身から腰、膝までぴったりと体にフィットして、裾だけが広がるデザインとなります。
このラインは女性の魅力を最大限に演出できて、かつ気品があります。

そして、プロポーションにメリハリがでるので、あまりスタイルに自信がないという人でも大丈夫。
気になるところもこのドレスならカバーしてくれます。
大人の雰囲気を出すにはかわいさあふれるプリンセスラインよりもマーメイドラインが好まれているようです。

シルエットがきれいで女性らしい柔らかいラインを引き出し、かつ大人っぽいエレガントさも演出できます。
下の裾の部分だけにギャザーやフレアをいれることでマーメードラインのパターンは袖有り・無し、トレーン・フルレングス、など、
様々なデザインを自由に組み合わせられます。

胸元のデザインの基本パターンは丸い襟ぐりです。自分の好みのデザインを選びましょう。
スカートはフルレングスの場合、床ギリギリの丈になります。

長いバージンロードを歩く教会でのウェディングなど、後ろ姿が注目されるような場合はトレーンタイプがおすすめです。
長いトレーンを組み合わせることで、思いっきりゴージャスなウェディングドレスに仕立てることが出来ます。

マーメイドラインのウェディングドレスとお手入れ方法

ウェディングドレスで最も汚れるところは裾の裏です。
裾を引きずることによってその後ろ姿に華やかさと華麗さを演出する訳ですが、汚れはかなりついてしまいます。
式場だけならまだしもホテルの庭園などで記念写真を撮ったり、披露宴などで歩き回るとそれだけでも、汚れはかなりつきます。
あいにくの雨の日の結婚式で、外に出たりしたドレスがクリーニングに出てきたりします。
汚れがこびりついてしまいますので、ドレス専門のクリーニングでも落とすことができなくなります。
面倒でもできる限り裾部分を保護して、着用する事で、思い出のドレスを保存したい物です。

次に汚れるのは胸回りから脇にかけて。花嫁は緊張するのかかなり汗をかきます。ファンデーションの汚れも付きます。
汗はドライクリーニングでは落ちません。水溶性の処理をすべきです。
ファンデーションの汚れ落としはそれほど難しい物ではありません。

ウェディングドレスは白い物だけに汗や、汚れが少しでも付いていたら、保管中に必ず黄ばんできますので、クリーニングに出すべきです。

ウェディングドレスクリーニングの真空パック
純白の白さをそのままに、美しいシルエットをそのままに