エンパイアラインのウェディングドレス


 empaiya

エンパイアライン

エンパイアラインはスレンダーラインとシルエットは似ていますが、
裾がバスト下から直線的に落ちていてほとんど広がらず、
ギリシア神話の女神が着用しているようなハイウェストの型。ナポレオン帝政時代に流行ったため、エンパイアラインと呼ばれています。
エンパイア・ウエストとも呼ばれるこのウエディングドレスは、ハイウエスト切り替えのデザイン。
ウエスト部分でスカートに切り替えられるスレンダーラインとは違い、
バストのすぐ下で切り替えているので、スカート部分が長く、クラシカルな高貴さが漂います。
キャミソールなどにもこのデザインが人気です。ウエディングシーンでは、マタニティドレスにピッタリのラインです。

エンパイアラインのウェディングドレスとお手入れ方法

ウェディングドレスで最も汚れるところは胸回り、脇の下と裾の裏です。
中でも裾の裏は裾を引きずることによってその後ろ姿に華やかさと華麗さを演出する訳ですが、汚れはかなりついてしまいます。
式場だけならまだしもホテルの庭園などで記念写真を撮ったり、披露宴などで歩き回るとそれだけでも、汚れはかなりつきます。
あいにくの雨の日の結婚式で、外に出たりしたドレスがクリーニングに出てきたりします。
汚れがこびりついてしまいますので、ドレス専門のクリーニングでも落とすことができなくなります。
面倒でもできる限り裾部分を保護して、着用する事で、思い出のドレスを保存したい物です。

次に汚れるのは胸回りから脇にかけて。花嫁は緊張するのかかなり汗をかきます。ファンデーションの汚れも付きます。
汗はドライクリーニングでは落ちません。水溶性の処理をすべきです。
ファンデーションの汚れ落としはそれほど難しい物ではありません。
たまにワインの染みがついていたりします。赤ワインは染み跡が残りますので、漂白します。
白ワインは、目立ちませんが、放っておくと必ず黄ばんできますので、必ず取り去っておきましょう。

ウェディングドレスは白い物だけに汗や、汚れが少しでも付いていたら、保管中に必ず黄ばんできますので、クリーニングに出すべきです。

ウェディングドレスクリーニングの真空パック
純白の白さをそのままに、美しいシルエットをそのままに

カテゴリー: 未分類 | コメントはまだありません »